ダイマルファームのご紹介
  • ダイマルファームのこだわり
  • 歴史
  • 企業概要

歴史

ダイマルファームの歴史

年号

内容

牛舎棟数
/牛頭数

1960(昭和35年)

会長の長内良、16歳で家畜商資格取得(当時十勝管内最年少)
家業の長内畜産にて従事。

1974(昭和49年)

5月独立起業。100万円の資金で1200坪の土地を取得。
道内はもとより、東京、大阪、四国、九州と全国を巡り、お客様を拡大。
「あたって砕けろ」の精神で、畜産業を軌道に乗せる。

1975(昭和50年)

川西牧場開設

牛舎のない時代初めてのつなぎ牛舎(70頭)4トン積家畜車で1年間10万キロを突破

2棟
/150頭

1979(昭和54年)

大正牧場開設
昭和の大正牧場

5棟
/800頭

1980(昭和55年)

農業生産法人 有限会社 ダイマルファーム設立

8棟
/1,500頭

1996(平成8年)
2005(平成17年)
2008(平成20年)

清水牧場開設
牧場用地70ha取得

牧場用地16ha取得

川西牧場閉鎖

#

12棟
/2,400頭

2011(平成23年)

『十勝ポロシリ和牛』 商標登録取得
『とかちポロシリ黒牛』 商標登録取得

38棟
/8,000頭

リサイクルセンター完成
自然落下式貯水・給水タンク設置開始
以降、毎年増設
独自の肥育運営システム完成。
コストパフォーマンスに優れた効率経営が実現。

2017(平成29年)

主要肉牛生産法人動向調査、飼養頭数で全国14位。
一農場数における飼養頭数では全国最大規模。
※ 『数字でみる食肉産業(2017年版)』(株式会社食肉通信社)

リサイクルセンター増築

2017(平成29年)
9月現在

60棟
/11,000頭
(黒毛和牛
6,000頭、
交雑種
5,000頭)

ページトップへ